1. Gypsy Jazz (Jazz Manouche)とは…

1930年代にフランス・パリで、ギタリストのDjango Reinhardt(ジャンゴ・ラインハルト,1910-1953)とバイオリニストのStephane Grappelli(ステファン・グラッペリ,1908-1997)が始めた音楽です。

彼らを中心としたフランス・ホット・クラブ五重奏 (the Quintette du Hot Club de France)は、ジプシーの伝統音楽とスウィング・ジャズを融合させ、当時ヨーロッパを中心に大変人気を博しました。


Django Reinhardt

Stephane Grappelli



2. 近年のGypsy Jazzの変遷

ジプシージャズをテーマにした映画、2002年「僕のスウィング」(監督+脚本:トニー・ガトリフ)、1999年「ギター弾きの恋」(監督:ウディ・アレン)の公開や、2003年のジャンゴ没後50年に合わせて、ジプシージャズブームが起きました。

フランス・サモアでのジャンゴラインハルト・フェスティバルの様子

■ジャンゴ以降のギタリスト

・Bireli Lagrene(ビレリ・ラグレーン)

・Tchavolo Schmitt(チャボロ・シュミット)

・Stochelo Rosenberg(ストケロ・ローゼンバーグ)

・Angelo Debarre(アンジェロ・ドゥバール)

・Jimmy Rosenberg(ジミー・ローゼンバーグ)

 

■近年のギタリスト(Nouveau Manouche世代)

・Adrien Moignard(アドリアン・モニャール)

・Sebastien Giniaux(セバスチャン・ジニョー)

・Gonzalo Bergara(ゴンザロ・ベルガーラ)

・Antoine Boyer(アントワーヌ・ボワイエール)



3. Selmer・マカフェリ・ギターについて

1931~1933年にセルマー(Selmer)社へ在籍したギター職人(ギタリストでもある)マリオ・マカフェリ(Mario Maccaferri)氏によって、Dホールデザインのギターが作られました。

マカフェリ氏がセルマー社を退職後、1936年よりオーバルホールデザインのギターが発売。

セルマー社で、ギターは1952年まで作られましたが、生産本数は計1,000本あまり。そのため現在ではオリジナルは、数百万円で取引されます。

ジャンゴ・ラインハルトは、シリアルナンバー503番のギター(写真)を生涯にわたり使用。

※現在はフランス・パリの音楽博物館(Cite de la musique )所蔵

撮影:ニシウラトモアキ


■普通のギターと何が違うの?

・使っている木材は、一般的なアコースティックギターと基本的には一緒です。

・細かい部分で、当時の最新技術(合板、ゼロフレット、ブリッジ等)を使用。

・内部の構造や材の厚さなどから、独自の哀愁漂う音色を生み出します。

・現在は、世界中の製作家がレプリカを作製(廉価版は3万円くらいからあり)。

・独特の【演奏スタイル】や【奏法】も、このギターを弾きこなす上でとても重要です。

■その他いろいろ

【弦】スチール製ですが、マカフェリギター専用のものを使います。

【ピック】多くは2~3mmくらいの分厚いものを使います。(ジャンゴは5mmくらいのボタンのようなものを使っていたという説もあり。)

※楽器関連にご興味があれば、大阪・心斎橋ストリングフォニックをご覧ください。

 


※本ページは、2016年10月30日開催の広島市東区民文化センター” Touch of JAZZ with マカフェリ・ギター ! ”(講師:ニシウラトモアキ)講座内での配布資料より作成しております。

http://www.cf.city.hiroshima.jp/higashi-cs/jazz/7/